第3回サロン(1月26日)

【日時】2015年1月26日(月)14:45-17:00
【会場】東京大学本郷キャンパス山上会館2階会議室201・202
http://www.sanjo.nc.u-tokyo.ac.jp/sanjo/contact/

プログラム
14:45-15:00 開催にあたり
石井吉徳 もったいない学会会長

15:00-15:50 講演Ⅰ.「東南アジアの鉱物資源ガバナンス」
大久保泰邦 もったいない学会副会長

東南アジアにおける鉱物資源開発の実態を踏まえ、ガバナンス能力の向上が必須であることを論ずる。
振り返って日本を考えた場合集中型エネルギーだけでなく、分散型が必要となり、それぞれの社会単位、規模に見合ったエネルギー供給に関する十分な知識を踏まえた社会づくりとエネルギーガバナンスが必要となることが指摘できる。
今後のもったいない学会の新しい役割として、エネルギーガバナンスの検討と、中央政府、自治体、地域コミュニティーで活躍する次世代に対して情報発信を行い、地域社会のエネルギーガバナンス能力向上に貢献することを提案する。

15:50-16:40
講演Ⅱ.「プロバイオティクスによる循環型社会の構築」
芦田譲 京都大学名誉教授

本講演では、地元の京都府南丹市の約10名の農家の方と実践しているプロバイオティクス運動について、以下の内容で話します。
1.プロバイオティクスとは 2.乳酸菌、枯草菌、放線菌の役割 3.プロバイオティクス農法 4.米・野菜の栽培と販売 5.土壌改良 6.ビストロ下水道運動 7.循環型社会の構築

16:40-17:00
-質疑応答-

17:30~
新年会を予定しています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です