NPO法人もったいない学会第1回サロン(2019年度)

日 時:2019年10月25日(金)15時00分から17時00分
場 所:清泉女子大学 230教室(2号館3階)
https://www.seisen-u.ac.jp/access/

プログラム

■15:00-16:30
【話題提供】

タイトル:「食を取り巻く環境-農薬汚染と健康の未来」
発表者 :安藤 満 元国立環境研究所総合研究官・日本農村医学研究所客員研究員・医学博士

講演内容:
現在日常摂取する食品の多くは単作大規模生産や輸入農産物が中心であり、食の安全性を向上していくためには、農薬残留の少ない安全な食品を追求する努力が必要である。安定した農業生産と省力化の追求は、世界における合成農薬の使用の増加をもたらしている。農薬の空中散布は飛散にともなう大気の農薬汚染が心配されており、実際に散布周辺の住宅地域において、大気が散布後もかなりの時間農薬微粒子により汚染されている。地上散布の際も農薬は拡散によって環境汚染を引き起こし、暴露を引き起こす原因となる。また輸入農産物の拡大に伴って貯蔵や輸送段階でのポストハーベスト処理が問題となっている。
国際的には農薬中毒の多発を考慮し、農薬利用拡大の考えから農薬の規制強化の方向へ進みつつあるWHOとUNEPの報告ではこれまでも食品の農薬汚染が原因で大規模な中毒や死亡事故が起こっている。さらに心配されているのは、次世代への影響と自然生態系の破壊であり、今後とも実態の解明とともに危険性を予測し予防する努力が必要である。

■16:30-17:00

【フリーディスカッション】

お申込みはこちら

申し込む