会長挨拶

NPO法人「もったいない学会」とは、正式には「石油ピークを啓蒙し脱浪費社会をめざすもったいない学会」という。

エネルギーと文明の関係を正しく理解し、石油ピーク後の社会を皆で考え拡げていくのが目的、2006年8月に発足、翌年東京都の法人となった。

日本の心「もったいない」で、「脱浪費、脱石油」文明を構築する、思考の中心は「石油ピーク」である。現代文明は石油が支えるが、それに限界が見える、だがそれに代わるものはない。

現代農業は石油漬け、運輸機関も流体燃料である石油が欠かせない。様々な化学物質も石油から作る。
つまり「石油ピークは農業ピーク、そして文明ピーク」なのである。しかし誤解の無いよういっておく、「石油ピーク」は「枯渇」を意味せず、需要動向によってピークの時期、ピーク後の減退も動的なのである。

それへの対応は、脱浪費、無駄をしない「もったいない」と思うことである。だがこれは生活水準の低下を意味しない。「無駄とは」とは「要らない」という意味だからである。

経済恐慌の元凶、アメリカの浪費をまねない、膨張指向のグローバリズムにも振り回されない、新しい「日本の理念」を構築するのである。自分で考え、脱欧入亜を目指すのである。

本来、成長は正義でない、技術も万能ではない。「足を知る」ことである、「持続型の発展」はもう時代遅れ、指数関数的なGDP成長は、「地球有限」でありえないのである。

「資源は質が全て」を理解し、自然と共存する理念を構想して世界にも広めたいものである。

私の主張:「日本のプランB」
大陸育ちのレスター・ブラウンの「プランB」などではなく、「日本の自然、地勢」を取り入れた「日本のプランB」、

1)浪費、無駄しない、日本は世界6位の「海岸線の長さ大国」、大陸ではない山岳75%

2)西欧文明の終焉、脱欧入亜を目指す、アメリカ主導のグローバリズムは自壊する

3)1970年頃を目指そう、当時エネルギー消費は半分、食料自給率は60%、現在より「心は豊か」であった

4)少子化、人口減をチャンスとする、民族の生存には人口が少ないほど有利、年長者も働く

5)流体燃料危機である、車社会を見直し、鉄路、公共運輸の充実、自転車を利用する

6)集中から地域分散、低密度の自然エネルギーは分散利用、評価はEPR(エネルギー収支比)

7)日本列島を有効に使う、石油依存農業の見直し、地産地消の自然農業、分散社会への技術

8)循環社会は3R;Reduce(減量)Reuse(再利用)Recycle(リサイクル)の順、先ず減量

9)効率優先社会の見直し、集中から地域分散、自然と共存をはかる、これは60倍の雇用を生む

10)GDPの無限成長より「心豊かに」、「もったいない」、「ほどほどに」、「人のつながり」を重んじる社会。

いずれも可能なことばかり、雇用も増やせよう、それは石油社会は人間一人が60人の奴隷を抱えている勘定となるからである。

1970年頃、一次エネルギー消費は今の半分、食料自給率は60%と高く、人の心は「今より豊か」だった。

 

ishii
石井 吉徳会長