もったいない学会 & 縮小社会研究会関西シンポジウム 「もったいないの理念に基づいた変わりゆく未来社会の創造に向けて」 ―根本理念と実践活動に焦点をあてて―

人類の歴史を振り返ると、資源の争奪により文明を高度化してきたといえます。すなわち、当初は自国の資源を利用・拡大し、文明の礎を築いていました。しかし、それを獲り尽すと、海外の資源に眼を向け、進出しそれを植民地にしていきました。収奪に対して、アダムスミスが国富論の中で収奪は人類のせいではなく、見えざる神の手の仕業だとしてその正当性の理論的支柱を与えました。20世紀末になると、資源の有限性に気づき、実体のない金融に眼を向けました。しかし、それもリーマンショックで破綻すると、産業革命の夢をもう一度ということで、AI、IOT等の情報分野を主とする技術革新によるイノベーションに期待を寄せています。
地球上の資源は有限であり、急増する人口を賄うには収容能力の限界にきているとの認識を確固たるものにしないと、ダーウインが言うように人類は自然淘汰される恐れがあります。
本シンポジウムは「地球資源は有限」であるとの根本的理念に基づき、未来社会の創造に対し今から行うべき実践的取り組みに焦点をあてて議論を展開します。

 

1.主催・協賛

<主催>
NPO法人 もったいない学会 & 一般社団法人 縮小社会研究会

<協賛>
NPO法人 コミュニティアーキテクトネットワーク(環人ネット)

 

2.日時

平成29年2月11日(土)
10:00~17:30

 

3.場所

京都大学文学部新棟第3講義室
〒 606-8501 京都市左京区吉田本町
京都駅から 市バス206系統 北大路バスターミナル行 約35分 京大正門前または百万遍下車(206 は右回りと左回りがあるので、東山通経由に乗車)
地図:http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/yoshida/map6r_y/ の5 と 8 の間の建物の 2 階

symposium_image2016-1
symposium_image2016-2

地図: http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/yoshida/map6r_y/
の5と8の間の建物

 

4、講演内容

司会
五十嵐敏郎 もったいない学会理事 縮小社会研究会会員 金沢大学非常勤講師
辻村 琴美 もったいない学会理事 環人ネット理事長

10:00~10:15
シンポジウム趣旨説明
五十嵐敏郎 もったいない学会理事 縮小社会研究会会員 金沢大学非常勤講師

10:15~10:45
招待講演
「琵琶湖は避難できない!-関西の原発事情と未来可能社会-」
嘉田由紀子 もったいない学会評議員 元滋賀県知事 びわこ成蹊スポーツ大学学長

10:45~11:15
特別講演
「地球は有限、資源は質が全て」
-G-Zero化する世界、日本はどう生きるか-
石井吉徳 もったいない学会名誉会長 東京大学名誉教授 元国立環境研究所所長

11:15~11:45
基調講演(1)
「再生可能エネルギーの将来」
大久保泰邦 もったいない学会会長 宇宙システム開発利用推進機構技術参与

11:45~13:00
昼食

13:00~13:30
基調講演(2)
「なぜ成長がダメで、縮小が必要か」
松久 寛 縮小社会研究会代表 もったいない学会会員 京都大学名誉教授

13:30~14:00
「再生可能エネルギーを巡る課題と京都府南丹市における取組」
芦田 讓 もったいない学会理事 IET研究会理事長 京都大学名誉教授

14:00~14:30
「しがエネルギービジョン~新しいエネルギー社会の実現に向けて」
中嶋洋一 滋賀県県民生活部エネルギー政策課課長補佐

14:30~15:00
「風力発電はどこまで伸ばせるか?」
林 農 もったいない学会理事 鳥取大学名誉教授 名古屋産業科学研究所上席研究員

15:00~15:15
休憩

15:15~15:45
「地産地消型自然エネルギー社会の構築に向けた現在の課題とその対策」
三石博行 縮小社会研究会会員 (株)メディエコ研究開発CEO

15:45~16:15
「新電力を含めた社会システム」
尾崎雄三 縮小社会研究会会員 元弁理士

16:15~16:45
「アフリカにおける勿体無い実践成功例」
松井三郎 (公益)日本国際民間協力会理事 京都大学名誉教授

16:45~17:30
総括討論

 

5.懇親会

場所 京都大学文学部新棟第一講義室
時間 18:00:~19:30
会費 3,000円

 

6.お申し込みはこちら

2016年度第一回シンポジウム


お名前 (必須)

カナ (必須)

メールアドレス (必須)

所属

懇親会 (必須)

 

7.連絡先

芦田: ashida.eefa@cans.zaq.ne.jp 090-8377-7531
松久: matsuhisa@shukusho.org 090-3675-5225

 

NPO法人 もったいない学会
〒166-0012
東京都杉並区和田3丁目30番22号
HP: http://mottainaisociety.org 

一般社団法人 縮小社会研究会
〒606-8227
京都市左京区田中里ノ前町21 石川ビル 305
e-mail: jimukyoku@shukusho.org
HP: http://shukusho.org/

東京を低エネルギー都市にするにはどうするか

主催:

NPO法人石油ピークを啓蒙し脱浪費社会をめざすもったいない学会
公益社団法人日本工学アカデミー次世代へのメッセージフォーラム
後援:
NPO法人地中熱利用促進協会 日本ヒートアイランド学会 NPO法人自転車活用推進研究会 公益財団法人深田地質研究所 ㈱平凡社 日本地熱学会 一般社団法人e世論協会(予定)

今までは安い石油があり、自動車を主体にした交通、大量のエネルギーを投入して建設しエレベータや冷暖房を稼働させる高層ビルが大都市の要素でした。しかし3.11以来、エネルギー問題が深刻化しております。新しい低エネルギー都市の構想が必要になってきています。
2020年には東京オリンピックが開催されます。このシンポジウムでは、東京オリンピックを見据えた低エネルギー都市構想を議論します。

日時:2014年3月25日(火)13:30 –17:00
場所:東京大学本郷キャンパス工学部2号館1階212号講義室 Keep reading →

地域が主役「自然との共生社会をめざす」盛岡シンポジウム〜身近から作るエネルギーの時代〜

主催:

NPO法人 もったいない学会
環境エネルギー普及(株)
後援:
盛岡信用金庫、サステナジー株式会社
紫波グリーンエネルギー株式会社、
放送大学岩手学習センター

石油に依存する日本の現代文明は、東京一極集中、リニアで名古屋まで呑み込む肥大化が進む一方、その内部は非常に病んでいます。脱石油・脱浪費を果たし、自然と共生する社会に移行するカギは、地方の活性と分権、食糧とエネルギーの地域自給です。
ここ岩手・東北から、エネルギー自給社会を実践していきましょう!

日時:2014. 2 月1日[土]13:00〜16:45(12:30開場)
場所:岩手県民会館 中ホール(盛岡市内丸13番1号/JR盛岡駅よりバス15分)
参加費:無料 Keep reading →

非在来型石油・天然ガスの本当の姿

主催:

NPO法人石油ピークを啓蒙し脱浪費社会をめざすもったいない学会
公益社団法人日本工学アカデミー次世代へのメッセージフォーラム

日本では石油について現場が少ないこともあり、実態はあまり知られていません。そこで、石油についての実態を検証し、今後の日本が採るべきエネルギー政策の一助となることを期待し、企画しました。第1回では、現場に精通した方々をお招きし、非在来型石油・天然ガスを検証します。米国でシェールガス革命と呼ばれる原油生産ブームが起こっています。NHKは、「シェールガス日本へ」と題して、原子力の再稼働が進まない中で、電気料金の値上げが相次ぐ日本にとって、米国産のシェールガスは救世主であると感じさせる報道をしています。しかし米国などの生産現場を見ると、これは希望的観測に過ぎないことが分かります。

日時:2013年10月1日(火)13:30 –17:00
場所:東京大学本郷キャンパス山上会館
http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_00_02_j.html
参加費:無料(定員100名 先着順) Keep reading →

「スマートアグリ」を議論する

NHK「クローズアップ現代」が5月20日、「農業革命“スマートアグリ”」を放映した。
「オランダは世界第2位の農業輸出国である。その秘密は、コンピュータ制御を軸とした「スマートアグリ」。そこで日本各地で“日本型スマートアグリ”構築の模索が始まっている。最先端のスマートアグリの実態と日本での可能性を取材し、日本農業のこれからについて考える。」というもの。

NHKのホームページ:http://www.nhk.or.jp/gendai/kiroku/detail_3349.html

パネラーから意見を聞き、日本型スマートアグリは可能なのか、農業に機械は必要なのか、日本の農業の将来は、について議論する。

日時:2013年7月19日(金)14時―17時
場所:清泉女子大学 本館 大会議室
http://www.seisen-u.ac.jp/access.html
参加費:無料
参加資格:もったいない学会会員と会員の紹介者 Keep reading →

低エネルギー社会に向けて

石油ピークとは、枯渇ではない。石油の生産量がピークに達して減退することである。石油は地球が育んだ有限資源で、人間が生産量を増やしたくてもそうはいかない。なぜなら石油ピークは自然の摂理だからである。このことの重要性が分かれば、エネルギー問題の本質が理解でき、「低エネルギー社会」を築くことが必然であるという結論に達する。

日時:2013年6月6日(木)14:30 –17:00
場所:東京大学本郷キャンパス山上会館
参加費:無料 Keep reading →

日本人は日本列島でどう生きるか

NPO法人石油ピークを啓蒙し脱浪費社会をめざすもったいない学会
社団法人日本工学アカデミー

3・11からほぼ2年が経った現在、自然エネルギーを増やして脱原発を目指すか、停止中の原発を順次再稼働して不足した電力をまかなうかの二つの選択肢が議論されている。

しかし日本が直面している真の課題は石油ピークである。欧米は石油を持ち、その延命と世界経済のソフトランディングの方策を模索している。しかし日本は欧米と異なる環境にあり、独自の方策を考えなければならない。

その答えは日本の真のポテンシャルを知ることである。

このシンポジウムでは、日本の地熱資源と木材資源に焦点をあて、今後の企業のあり方、日本のあり方について議論する。

floor_photo

日時:2013年3月17日(日)13:15 –17:00
場所:東京大学本郷キャンパス山上会館
参加費:無料 Keep reading →

もったいない学会仙台支部設立シンポジウム

第7回秋の八木山フェスタ(「東北文化の日」協賛企画)にて同時開催)

日時:2012年11月3日(土)12:00-15:30
場所:東北工業大学(〒982-8577 仙台市太白区八木山香澄町35-1)
アクセス方法:仙台駅前西口バスプール11・12番乗り場より、市営バス・宮城交通バスで霊屋橋・動物公園前経由「八木山南団地」「緑ヶ丘三丁目」など八木山方面線に乗車、「東北工大八木山キャンパス」下車。約25分。

参加費:無料(※映画鑑賞料 500円/口(有志))
※事前申込みの必要はありません。 Keep reading →

エネルギーの科学研究会・GDH研究会合同シンポジウム

日時:2011年5月17日 14:20-16:50
場所:東京大学本郷キャンパス山上会館201、202号室

http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_00_02_j.html
参加費:無料

趣旨:
2011年3月11日午後発生した東日本地震は、津波を伴い、東北地方に甚大な被害をもたらした。

特に福島第1原発は、津波により、原子炉を冷却するシステムが故障し、放射能漏れとなる大事故となった。

今回の東日本地震により、原発、火力発電所が停止し、1500万キロワット以上の電力供給が止まり、東北、関東地方の電力容量不足が発生した。

停止した原発の復旧には年単位の時間がかかる。また火力発電が全て再開されるにも相当な時間を要するであろう。当分電力容量不足が続くことになる。

火力発電の燃料は石油、天然ガス、石炭の化石資源であり、石油はすでに生産ピークを迎えている。つまり、地震によって電力供給量が減少したが、原発普及の目処が立たず、石油火力も長期的には期待できないので、今後電力容量が増え、元の状態に戻ることは期待できない。

ここで明らかなことは、今後の我々の課題は「石油、原発に頼らない低エネルギー社会を作ること」、である。

このシンポジウムでは、「石油、原発に頼らない低エネルギー社会」とは何かを議論し、低エネルギー社会へのロードマップ作りのためのモデル作りを行う。 Keep reading →