第3回サロン

【日時】2011年12月16日(金)14:00-17:10
【会場】TKP神田ビジネスセンター 603会議室

東京都千代田区神田美土代町3-2 神田アベビル 6F

http://kanda-kc.net/access/index.shtml

今回のサロンはいつもより時間を延長して、学会副会長と2名の会員にご登壇頂きます。

毎年この時期はIEAの世界エネルギー見通し=World Energy Outlookレポートに目を通す学会員が多いことと思います。
今年は会員の小野様がサロンで取り上げて下さいます。
同じく会員の石川様は学会論文賞を受賞された研究に加えて、福島原発事故前後を含めて東京日野市で放射線量を計測したご経験を発表。
また、多忙なスケジュールの合間を縫って京都から駆けつけて下さる芦田副会長が、NPO法人EEFA(環境・エネルギー・農林業ネットワーク)の取り組みを中心に、グローバルな活動をご紹介下さる貴重な機会となりました。

エネルギーはもちろんのこと、経済・政治・環境、どれをとっても我々の生活基盤に不安材料を投げ込んできます。エネルギーの本質を捉え、我々に何が出来るかを考える。
年末に相応しいサロンではないでしょうか。 Keep reading →

第2回サロン

【日時】2011年9月30日(金)15:00から17:00
【会場】東京大学本郷キャンパス工学部2号館211教室
会場の位置は以下をご覧下さい。
工学部2号館211教室
工学部2号館の位置は以下をご覧下さい。
http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_04_03_j.html

3.11東日本大震災に続き福島原発事故が発生。
日本のみならず世界でも発電を中心にエネルギーとはどうあるべきかを人々が考え判断を下そうとする大きなムーブメントが起こっています。
しかし、発電だけ、原発だけにフォーカスしてエネルギーを議論し結果を出してしまうことは、石油ピーク後の人類の歩みをひたすら困難なものへと導いてしまうでしょう。
現代文明を支えてきた石油。真に石油の代替となりうるエネルギーは今のところ存在しません。なぜか?質がともなわなければエネルギーには成りえないからです。

最初の演題ではエネルギーの量だけでなく質を捉えるバルーングラフが登場します。
おそらく日本版が作成され発表されるのは初めてのことではないでしょうか。
続いて石油生産キャパシティー予測を取り上げます。
特に、期待通りなのか期待はずれなのか、その見極めが未だ悩ましい非在来型石油の最新情報を頼りに、議論を通して認識を深めて参りましょう。
最後に会長の石井吉徳_東京大学名誉教授がもったいない学会ならではの視点で総括をします。
懇親会も御座いますので、どうぞ秋めいた東京大学本郷キャンパスへ足をお運び下さい。 Keep reading →

第1回サロン

【日時】2011年7月25日(月)15:00から17:00
【会場】東大本郷キャンパス山上会館2階201・202会議室
http://www.sanjo.nc.u-tokyo.ac.jp/sanjo/contact/

演題(1):電力業界を取り巻く諸情勢について
講演者(1):早坂房次(東京電力)
時間:15:00-15:50(質疑応答含む)

講演内容:東日本大震災と弊社福島第一原子力発電所の事故に伴い、電力供給不足から計画停電や電気の使用制限など節電をお願いする事態となっています。
また、原子力発電所の停止に伴い大幅な火力発電所へのシフトが生じている結果、日本における化石燃料消費は急激に増えています。昨今の食料価格の高騰や化石燃料価格の高騰など、ローマクラブが1972年に警鐘を鳴らした「成長の限界」が現実味を帯びてきているかにも見えます。
このような状況下における電気事業を取り巻く諸情勢について内側から感じているものをお話ししたいと思います。
なお、本サロンのご説明内容は講演者の個人的見解であり所属する組織の公式見解ではありませんので予めご了承下さい。 Keep reading →