SDGsを理解するからSDGsで取組むための講座とワークショップ

最近、SDGsへの関心も高まってまいりました。 また、いろいろなところでSDGsを学びを始めています。

しかし、現在のSDGsの学びやワークショップはターゲット・目標の解説や理解にどまり、SD持続可能な開発の基本を理解することもない、自分事になっていないものが目立ちます。

いままで、SDGs教育ESDやSDGsのワークショップを行ってきた成果をいかして、講演と参加型ワークショップを下記のように行います。

SDGsの基本から、自分事として考える手法や学生、市民、企業、行政、大学が協働してSDGsに取り組むやり方などを学べます。

また、企業やNPOの事例発表とすでにおこなわれているSDGs教育・ESD(SDGs目標4「教育」の7項)の小学校の実例紹介もあります。

学生は無料となっています。

 

詳しくはこちら

カードゲーム「2030SDGs」体験ワークショップ/特定非営利活動法人コミュニティ・アーキテクトネットワーク総会

名称 :カードゲーム「2030SDGs」体験ワークショップ/特定非営利活動法人コミュニティ・アーキテクトネットワーク総会
日時 :7月15日(日)
13:00〜14:00 NPO法人環人ネット第9期総会
14:10〜 2030SDGs体験ワークショップ
※総会、ワークショップともに一般の方の参加も可能です。
場所  :草津まちづくりセンター 2 階会議室
定員  :50名
参加費:500円※環人ネット会員または学生無料
※要申込
講師 :佐藤賢一氏
京都産業大学 総合生命科学部 生命システム学科 教授
NPO 法人ハテナソン共創ラボ 理事長
内容 :カードゲーム「2030SDG(s ニイゼロサンゼロ
エスディージーズ)」は、SDGs を達成するため のプロセスを、楽しみながら体験できるカードゲーム。
地域活動や身近な生活の中でも実践できる 「持続可能な暮らし」をゲームを通して体験してみませんか
問い合わせ・申込:
特定非営利活動法人環人ネット事務局 (担当:水野)
Mail:can.kanjin@gmail.com
〒521-1101 滋賀県彦根市石寺町1263 Tel:090-6557-2318 Fax:0749-28-0220
※お申し込みは、お名前・ご所属・メールアドレス・電話番号をお知らせください
主催 :特定非営利活動法人コミュニティ・アーキテクト(近江環人)ネットワーク(略称:環人ネット)
後援 :一般社団法人滋賀グリーン購入ネットワーク(滋賀GPN)、草津市国際交流協会、 もったいない学会 LimitedEarth研究会
講師 プロフィール:
大学では総合生命科学部に所属し、生殖細胞やがん細胞の働きをテーマとする教 育研究活動に従事しています。
NPO 法人では、質問を創る学び場ハテナソンの普及による社会貢献活動に取り組んでいます。
SDGsとは:
SDG(s Sustainable Development Goals)「持続可能な開発目標」とは、国連の「2030
アジェンダ」(2015 年)に
盛り込まれた、人間、地球及び繁栄のための行動計画。「誰ひとりとして取り残さない」というスローガンのもと、
経済、環境、社会のあらゆる課題を含む包括的かつ具体的な目標です。
滋賀県は、昨年よりこの SDGsbu に率先して取り組むことを表明しています。
組織、個人にかかわらず、SDGs に関する理解と目標達成への取り組みが期待されています。

sdgs

NPO法人もったいない学会シンポジウム 「熱エネルギーをMOTTAINAIの視点から考える」

【日時】2018年6月26日(火)15時15分から17時15分
【会場】貸し会議室:東京都港区浜松町1-1-9三恵ビル4階
https://spacemarket.com/spaces/bu_Wy10voW3MJvsu
【参加費】無料
【後援】ヒートアイランド学会(予定)、エネルギー・資源学会(予定)、化学工学会エネルギー部会(予定)、化学工学会粒子流体プロセス部会(予定)、化学工学会熱工学部会(予定)

 

プログラム

■15:15-16:15

【講演1】
タイトル:「熱エネルギー有効利用の飛躍的拡大に向けて」
発表者 :藤岡惠子 株式会社ファンクショナル・フルイッド 代表取締役

概要  :日本はGDPあたりエネルギー消費量が世界最小レベルである省エネルギー先進国だが、それでも一次エネルギーの1/2以上が有効利用されず、排熱として廃棄されている。産業分野だけで0.3兆kWhの排熱があると見積もられる熱エネルギー有効利用は、一次エネルギー消費量削減、GHG排出量削減にとって高いポテンシャルを持っている。しかしながら、未利用熱の温度や形態は多様で広く分布しており、供給と需要の質的、時間的、空間的な不一致が利用推進を妨げている。本講演では、この不一致を繋げる熱の回収・輸送・貯蔵・改質に関わる技術の現状と課題を紹介し、飛躍的な拡大のために必要な条件を検討する。

 

■16:15-17:15

【講演2】
タイトル:「リモートセンシングによる「熱」の観測」
発表者 :外岡秀行 茨城大学工学部情報工学科教授/IT基盤センター長

概要  :赤外線イメージセンサを用いたリモートセンシング技術により、上空ないしは宇宙から地表の「熱」の状況を昼夜を問わず調べることができる。こうして得られる「熱」のデータは、気象、環境、資源、災害など、様々な分野で活用されている。本講演では、こうしたリモートセンシングによる「熱」の観測について、その原理や処理、データの扱い方等を概説すると共に、その主な適用事例を紹介する。特に昨今、排熱を資源と見なして活用する取り組みが注目される中、都市の人工排熱の調査や発電所等からの温排水の監視、製油所やガス処理施設等のフレアスタックの監視等、産業活動と関連する「熱」への適用について、研究動向を紹介すると共に展望を述べる。

 

終了後、懇親会(有料)を予定

 

お申込みはこちら

NPO法人もったいない学会シンポジウム


お名前 (必須)

カナ (必須)

メールアドレス (必須)

所属

懇親会 (必須)

2018年度 第1回サロン 4月7日(土)

「SDGs(Sustainable Development Goals:持続可能な開発目標)を読み解く」

【日時】2018年4月7日(土)14時45分から17時30分
【会場】東京大学農学部内、向ヶ岡ファカルティハウス
http://www.mukougaoka-facultyhouse.jp/

 

サロン趣旨:

現在、NPO法人もったいない学会では、「Limited Earth研究会(仮称)」の設立に向けて検討を進めております。あえて「Limited」としているのは、この世の中に無限なものは無く全て有限であり、従って有限地球観に基づいてMOTTAINAIを探求することが本流であると考えるからです。昨今流行のSDGs(Sustainable Development Goals:持続可能な開発目標)を読み解くことにより、新規に立ち上げる研究会の方向性を議論したいと思います。

 

プログラム

■14:45 ~ 15:15
【講演1】

タイトル:「SDGsと日本、そして私の想い」
発表者 :石井 吉徳 名誉会長
発表資料

■15:15 ~ 15:45

【講演2】
タイトル:「SDGsの近況と問題点」
発表者 :鈴木 秀顕 理事
発表資料

■15:45 ~ 16:15

【講演3】
タイトル:「滋賀県の取り組み方を考察〜広報誌滋賀プラスワンから〜」
発表者 :辻村 琴美 理事

 

■16:15 ~ 17:30

【フリートーク】

終了後、懇親会を予定

 

※お申込みはこちら

申し込む

2017年度 第4回サロン(2月6日)

フリー・トーキング

開催日時:2018年2月6日(火)13:30-17:00
開催場所:ビジョンワークス東京
東京都中央区日本橋3丁目3−3 八重洲山川ビル5F ROOM1
1Fには『木村屋』という居酒屋がありその右隣が入り口。
https://goo.gl/maps/GMvh19CVoz12
【入室方法・案内詳細について】
https://goo.gl/6DXH1s
部屋番号は5階の『ROOM 1』。そのままエレベータで上がり エレベータを出て右手の部屋。

プログラム

■13:30 ~ 14:00
【話題1】

世界情勢を考える(仮題)
発表者:石井 吉徳 名誉会長
発表資料

■14:00 ~ 15:00
【話題2】

原発問題の基本的問題を考える
発表者:芦田 譲 京都大学名誉教授
発表資料

■15:00 ~ 17:00
フリー・トーキング

※お申込みはこちら

申し込む

2017年度 第3回サロン(12月12日)

「これから起こること、日本はどう備える」

開催日時:2017年12月12日(火)15:00-17:00
開催場所:東京大学農学部内、向ヶ岡ファカルティハウス
http://www.mukougaoka-facultyhouse.jp/

プログラム

■15:00 ~ 16:00
【講演1】

「かならず速かに起こるべき事、文明崩壊に日本はどう備える」
石井 吉徳名誉会長
発表資料
※こちらの資料を閲覧する際パスワードが必要です。

■16:00 ~ 17:00
【講演2】

「野生動物への放射線影響調査のための野生動物装着型センサネットワーク研究」
小林博樹(東京大学 空間情報科学研究センター、科学技術振興機構 戦略的創造研究推進事業(さきがけ))
発表資料
※こちらの資料を閲覧する際パスワードが必要です。

概要
東京電力福島第一原子力発電所周辺における野生動植物への放射線影響調査で野生動物装着型センサが用いられている。しかし従来の野生動物装着型センサでは、センサ情報の回収には調査員による野生動物自体の物理的な再捕獲が必要となる。つまり実際の調査は、再捕獲可能な特定個体の移動範囲に限られる問題がある。そこで本研究では動物のなわばりや習性を踏まえ、動物どうしが接触したときだけ装着センサが通信し合うようなネットワークを研究している。これにより通信や電力のインフラが乏しい地域でも、広範囲のデータを収集できるようになる。本講演ではこれまでの研究開発の内容や、福島第一原子力から10キロ地点の帰還困難区域内で現在実施中のフィールド実験について報告する。
終了後、懇親会を予定

※お申込みはこちら

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfsEC3GZ3K4NL8vcB1z3BWqVmV7bUYlW-UOBhjnui_hk7-xSw/viewform?usp=sf_link

2017年度 第2回サロン(9月7日)

地殻変動列島で生きる道

開催日時:2017年9月7日(水)15:30-17:15
開催場所:東京大学農学部内、向ヶ岡ファカルティハウス
http://www.mukougaoka-facultyhouse.jp/

 

プログラム

■15:30 ~ 16:30
【講演1】

「日本列島で生きる道、脱原発は訴訟弁護団と「地球は有限、資源は質が全て」論、
脱「資本主義、グローバリゼーション」も皆さんと」

石井 吉徳名誉会長

 

■16:30 ~ 17:15
【講演2】

「地下に伏在する断層をどのように検知し評価するか? ——最新技術とその不確実性」

松島 潤(東京大学)

 

終了後、懇親会を予定

※お申込みはこちら

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSev-tfZsiINx49QPW8FYOuNLUcfytHKD7u48h6vFpn5RPF4wQ/viewform?usp=sf_link

第1回サロン(6月27日)

沈みゆく日本、どう支える未来世代のため

開催日時:2017年6月27日(火)15:30 〜 17:00
開催場所:東京大学農学部内、向ヶ岡ファカルティハウス
http://www.mukougaoka-facultyhouse.jp/

 

プログラム

■15:30 ~ 16:30
【講演1】

「地球は有限、資源は質が全て」、エントロピーの法則
「人類生存の科学-日本列島で生きる」
3つのキーワード 「食糧、 エネルギー、軍事」

石井 吉徳名誉会長

 

■16:30 ~ 17:00
【講演2】

エネルギー輸入国におけるエネルギー収支とQOL(Quality of life)の国際比較
ー 我が国の科学・技術劣化とその影響の将来展望

松島 潤(東京大学)

 

■17:00 〜

終了後、懇親会を予定

 

※同日の総会のご案内はこちら

 

サロン申込みフォーム


お名前 (必須)

カナ (必須)

メールアドレス (必須)

所属

懇親会 (必須)

再生可能エネルギー活用実践フォーラム

石油、天然ガス、石炭といった化石燃料に大きく頼っている日本において、再生可能エネルギーの活用はエネルギーの多様化、安全保障、さらには分散型社会に繋がります。

再生可能エネルギーは自治体を中心に活発に開発されています。しかし開発可能量、エネルギー収支比、コストペイバックタイム、環境への影響などさまざまな要素を考える必要があり、簡単ではありません。

そこでこのサイトでは、自治体などで開発が進んでいる再生可能エネルギーの成功例をご紹介します。

さまざまな経験や知識について勉強できると思います。是非ご覧ください。

また実践についての投稿も歓迎しますので、大久保(Okubo-Yasukuni@jspacesystems.or.jp)までご連絡下さい。

山梨県における小水力発電モデル事業など
山梨県企業局 電気課 研究開発担当 主査 坂本正樹
資料はこちら

東近江市の循環・低炭素・自然共生が統合された持続可能な地域づくり
滋賀県東近江市市民環境部 森と水政策課 山口 美知子
資料はこちら

第6回サロン(2月15日)

激変する中東地域と迷走する日本

 

開催日時:2017年2月15日(水)午後13:15~17:00
開催場所:東京大学本郷キャンパス山上会館201・202会議室
http://www.sanjo.nc.u-tokyo.ac.jp/sanjo/contact/

【開催趣旨】
3.11後、我が国では原発か再生可能エネルギーかの2元論的な議論に終始してきたが、そのどちらも明確な方向性を見いだせないまま迷走を続け、貧困化が社会問題として顕在化してきた。このような状況をどのような視点で切り込み対処すればよいのか現実的な議論を深める必要がある。その一方で、確固たるエネルギー基盤を求めて、いま中東地域の石油資源確保が見直され始めている。しかしながら、我が国にとって極めて重要な位置を占めている中東地域に関する理解は必ずしも充分ではなく、特に安全保障の観点からどのように理解しておく必要があるのかについても議論を深めたい。

 

プログラム

■13:15-13:45
【講演1】

「食料、エネルギー、そして軍事」-G-Zero化する世界、日本はどう生きるか-

石井吉徳 もったいない学会名誉会長 東京大学名誉教授 元国立環境研究所所長

要旨:
「未来への問題は3つに分類される。「食料、エネルギー、軍事」、その基本理念は「地球は有限、資源は質が全て」、最後の軍事とは戦争、そこで使われる大量の武器、軍事費、そして生命、自然の喪失のことである。 http://oilpeak.exblog.jp/25814844/ ご参照」

 

■13:45-14:15
【講演2】

「関西シンポジウム」の報告

五十嵐敏郎 もったいない学会理事 金沢大学

要旨:
2月11日に関西で初めてのシンポジウムを開催します。このシンポジウムは、「地球資源は有限」であるとの根本理念に基づき、未来社会の創造に対し今から行うべき実践的取り組みに焦点をあてた議論を行います。前半は、嘉田評議員・石井名誉会長・大久保会長・松久会員が根本理念に関して講演します。後半は、京都府・滋賀県・和歌山県・鳥取県・アフリカで行っている実践活動の紹介のあと、総括討論で今後の具体的な取り組みについて議論します。辺境からの収奪と資源の収奪により無限成長を可能にしてきた資本主義経済は、内部からの収奪、すなわち上層への富の移転という禁じ手を行い始め、社会の二分化や中間層の没落といった社会の矛盾を生みだし、トランプ大統領が誕生しました。このような社会の大変革期に、もったいない学会や縮小社会研究会として何をすべきか、考え、議論し、行動に移す切っ掛けになればと考えています。

 

■14:15-14:30
【前半・総合討論】

 

■14:30-14:45
【ブレイク】

 

■14:45-15:45
【講演3】

激変する国際情勢と無縁でない我が国のエネルギー安全保障

奥村直士 日本安全保障戦略研究所 シニアフェロー

要旨:
エネルギー安定供給は人類の清潔・安全・便利・豊かな生活の実現に不可欠で、あらゆるエネルギーの有効活用にも輸送燃料源である原油が必要である。IEA等の主要アウトルックの何れも、数十年後のエネルギーの70~80%は石油・天然ガス・石炭に依存すると予測している。他方、サプライチェーンが国際化しているので、ライフサイクルでの省エネが大切である。資源と平地に乏しく世界有数の激甚自然災害大国である日本は、特に中東産原油資源に依存せざるを得ない。外国資源とシーレーン安全保障に国力が依存する日本の特徴は太平洋戦争当時と何ら変わりなく、一貫して激動する国際社会との安全保障連携に注力せざるを得ない。

 

■15:45-16:45
【講演4】

ピークオイル後の中東域内秩序展望とエネルギー安全保障

山本達也 清泉女子大学文学部地球市民学科准教授

要旨:
「アラブの春」以降、特に混迷を極めている中東情勢であるが、単に民主化の要求が失敗に終わったというだけの話で済ませてはいけない。今起きている混乱は、エネルギー環境の構造的変化と無縁ではない。この場合の構造的変化とは、産油国内部での変化を示すと共に、全世界的なレベルでの構造的変化も同時に指し示している。「アラブの春」で政治変動が見られたのは、主に非産油国であったが、これからの中東における域内秩序を考えるにあたっては、産油国が直面する困難に注目しなくてはいけない。本報告では、中長期的な中東域内秩序の展望を考えると共に、日本のような原油輸入国におけるエネルギー安全保障の課題について検討していく。

 

■16:45-17:00
【後半・総合討論】

 

終了後、懇親会を予定

 

第6回サロン申込みフォーム


お名前 (必須)

カナ (必須)

メールアドレス (必須)

所属

懇親会 (必須)