Skip to content

シンポジウム 2018年度

    NPO法人もったいない学会シンポジウム 「熱エネルギーをMOTTAINAIの視点から考える」

    【日時】2018年6月26日(火)15時15分から17時15分
    【会場】貸し会議室:東京都港区浜松町1-1-9三恵ビル4階
    https://spacemarket.com/spaces/bu_Wy10voW3MJvsu
    【参加費】無料
    【後援】ヒートアイランド学会(予定)、エネルギー・資源学会(予定)、化学工学会エネルギー部会(予定)、化学工学会粒子流体プロセス部会(予定)、化学工学会熱工学部会(予定)

     

    プログラム

    ■15:15-16:15

    【講演1】
    タイトル:「熱エネルギー有効利用の飛躍的拡大に向けて」
    発表者 :藤岡惠子 株式会社ファンクショナル・フルイッド 代表取締役

    概要  :日本はGDPあたりエネルギー消費量が世界最小レベルである省エネルギー先進国だが、それでも一次エネルギーの1/2以上が有効利用されず、排熱として廃棄されている。産業分野だけで0.3兆kWhの排熱があると見積もられる熱エネルギー有効利用は、一次エネルギー消費量削減、GHG排出量削減にとって高いポテンシャルを持っている。しかしながら、未利用熱の温度や形態は多様で広く分布しており、供給と需要の質的、時間的、空間的な不一致が利用推進を妨げている。本講演では、この不一致を繋げる熱の回収・輸送・貯蔵・改質に関わる技術の現状と課題を紹介し、飛躍的な拡大のために必要な条件を検討する。

     

    ■16:15-17:15

    【講演2】
    タイトル:「リモートセンシングによる「熱」の観測」
    発表者 :外岡秀行 茨城大学工学部情報工学科教授/IT基盤センター長

    概要  :赤外線イメージセンサを用いたリモートセンシング技術により、上空ないしは宇宙から地表の「熱」の状況を昼夜を問わず調べることができる。こうして得られる「熱」のデータは、気象、環境、資源、災害など、様々な分野で活用されている。本講演では、こうしたリモートセンシングによる「熱」の観測について、その原理や処理、データの扱い方等を概説すると共に、その主な適用事例を紹介する。特に昨今、排熱を資源と見なして活用する取り組みが注目される中、都市の人工排熱の調査や発電所等からの温排水の監視、製油所やガス処理施設等のフレアスタックの監視等、産業活動と関連する「熱」への適用について、研究動向を紹介すると共に展望を述べる。

     

    終了後、懇親会(有料)を予定

     

    お申込みはこちら





    NPO法人もったいない学会シンポジウム


    お名前 (必須)

    カナ (必須)

    メールアドレス (必須)

    所属

    懇親会 (必須)

    続きを読む

▲ TOPへ戻る