第2回フォーラム(2010年9月22日)

第2回低エネルギー産業経営フォーラムの案内

NPO法人石油ピークを啓蒙し脱浪費社会をめざすもったいない学会
低エネルギー社会ワーキンググループ代表 大久保泰邦

石油生産は2005年頃からプラトー状態にある。
世界経済はそれとともに悪化が進んでいる。石油生産の落ち込み、つまり石油ピークはすでに到来していると考えられる。
石油ピークは石油文明ピークである。その意味するところは何か、日本人はその本当の怖さを知らない。
発足会に続く今回の第2回では話題提供と質疑応答を予定している。
話題提供では、石油ピークの真の理解を目指し、参加者に石油ピークの怖さを感じていただき、さらにエネルギーの質を科学的に理解していただく。
その後十分な時間をとって質疑応答を行い、企業において石油ピークが来ると何が困るか、などについて考える。
石油ピークを乗り切るには、今までにないアイデアが必要であるが、まずその前に石油ピークを十分に理解することである。今回の話題提供と質疑応答ではこれを目指します。

日時:2010年9月22日(水)13:30 – 17:30
場所:東京大学山上会館 大会議室
http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_00_02_j.html

プログラム
【第1部】前回の発足会のレビュー
13:30 – 13:50

【第2部】話題提供
13:50 – 15:20
ご存じですか、石油ピークの本当の意味と怖さを(1時間)
石井 吉徳 もったいない学会会長、東京大学名誉教授

エネルギーの質が大切(30分)
松島 潤 もったいない学会理事、東京大学准教授

エネルギーの質が大切
(閲覧にはログインが必要です)

【第3部】質疑応答
15:30 – 17:00
前回の発足会の話題提供も含めて質疑応答

【第4部】今後の進め方に関する意見交換
17:00 – 17:30

終了後、交流会(3千円)を予定しています。

テキスト
前回の発足会でお配りした小冊子「石油文明が終わる 日本はどう備える」

フォーラム参加費:5千円
交流会参加費:3千円
また小冊子「石油文明が終わる 日本はどう備える」は当日のテキストとなります。
購入ご希望の方は、一冊千円で販売しますので、下記の「産業経営フォーラム参加申込フォーム」にご希望の冊数をお知らせ下さい。
申込方法
以下の「産業経営フォーラム参加申込フォーム」より、9月14日(火)までに必要な情報をお送りください。確認が出来次第、折り返しご請求書ならびに郵便振替用紙を郵送いたします。(9月16日時点で修正)

【変更後のご案内】9月15日以降にお申し込みをされる方は、以下の「産業経営フォーラム参加申込フォーム」より必要な情報をお送りください。
フォーラム終了後にご請求書ならびに郵便振替用紙を郵送いたします。
請求書到着後、所定の費用を郵便振替にてお振込みください。
お振込み手数料については、貴下にてご負担くださいますようお願いいたします。
なお、ご欠席の場合での返金はできませんのでご了承ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>